いぼが気になったら手術を受けよう!綺麗に取り除いてもらえる

サイトメニュー

なぜ選ばれるのか

看護師

利点について

顔や首、背中や足やお尻といったように、いぼは全身にできるものですし、年齢を重ねるとさらに発生しやすくなります。そこで放置しても問題はないことが多いものの、気になるなら手術をしておけば良いでしょう。例えば顔にいぼがあることで、人と向かい合って話をするのが苦手になったという人も少なくありません。しかしいぼの手術をして取り除いておけば、そのような心配をしなくて済むようになります。さらに首元にある場合も同様で、女性は特に鎖骨のあたりまで露出した服を切ることも少なくないです。その時にいぼがあると人の目に触れてしまいますが、美容クリニックに行けば綺麗に取り除いてもらえます。次に意外と厄介なのが、洋服で隠すことができる場合です。他人に見られる心配が少ないため、そのままにしてしまう人は珍しくないのです。ただ衣服に擦れると出血をする場合もありますし、刺激を受けるとますますいぼが大きくなっていくことがあります。何よりも体を動かすたびに引っかかったり触れたりするので、不快感を覚えることもあるでしょう。我慢するとそれだけでストレスがたまってしまいますが、専門の医師に診てもらうことで解放されます。しかも手術は、何ヶ月も入院するなどといったことになる場合はまずない上に、人によって多少の差はあるものの、二、三週間もあれば痛みはもちろん、傷口に関してもほぼ見えなくなります。手術が終わった次の日にはメイクもできますから傷を隠せるので、すぐに職場への復帰ができるなど、とても手軽な治療法です。いぼの手術には何種類かあるため、自分に合ったものを選ばなくてはいけません。まず根っこが浅く、大きさも数ミリ程度のいぼができている場合ですが、これならレーザーで手術をすると良いでしょう。特殊な機械を使って除去することになるのですが、一つのいぼにつき数分で終わります。おまけに傷口が非常に小さくて済みますし、赤みなどもできますが、すぐに元の状態に戻るため、顔にできたものでも安心してお願いができます。若干料金は高くなりますが、一番簡単に行えるので選ぶ人も多いです。次に液体窒素療法や凍結療法などと呼ばれるやり方についてですが、レーザー治療が主流になる前まではこちらの方法が一般的だったのです。もちろん今でも皮膚科などに行けばお願いすることが可能です。液体窒素療法の最大のメリットとも言える点が、治療にかかる費用が安価で良いところだと言っても大袈裟ではないです。しかもほとんどのクリニックでは健康保険が適用されるので、費用が気になるなら選びたいです。治療の特徴としては、いぼを凍結させることによっては細胞が壊死するので、その箇所だけが取り除けるのです。こちらも痛みはありますし、内出血もする場合があるのですが、数週間もすれば治ります。加えて電気メスやハサミで除去する方法も選べる場合があって、根っこが深くえぐり取らないといけない時には、医師から勧められるケースが多い方法です。こちらも安い金額で行えますし、根っこまで丁寧に取り除くので、同じ箇所から再発する可能性がかなり低くできるのです。

治療前に種類や特徴を確認

医者

いぼは誰でも罹患する可能性のある新生物の一種です。大別するとウィルス感染の尋常性疣贅と、加齢や紫外線などの刺激要因で発症する脂漏性角化症があります。治療には単純切除手術のほか、凍結療法やレーザー治療などの選択肢があります。

詳しく見る

治療前には日程を確認

ビフォーアフター

いぼ治療をした後には痛みを伴うこともあるので、治療後の日程に支障がきたさないように治療を受けるタイミングをよく確認する必要があります。また治療方法には手術以外にも様々な方法があるのでよく医師と相談しながら自分に合った治療方法を選びましょう。

詳しく見る

治療の概要を確認しよう

カウンセリング

いぼの治療は主に液体窒素やレーザー照射などの手術になります。発生部位や患部の状態に応じて治療法は変わります。いぼはウイルス感染や加齢などを原因に発生しますが放置しても、病変部が拡大するおそれが高いので医療機関で治療する必要があります。

詳しく見る