いぼが気になったら手術を受けよう!綺麗に取り除いてもらえる

サイトメニュー

治療前に種類や特徴を確認

医者

治療成績や費用

年齢や性別を問わず、身体のあちこちにいぼは出来る可能性があります。かゆみや痛みはほとんど無いので、放置している場合も少なくないようです。他方で顔や首・デコルテなどの部分に発生すると見た目に目立つばかりでなく、思ったようなファッションを楽しめなくなり、コンプレックスの原因になっていることもしばしば見受けられます。いぼの治療には手術をはじめ、各種の治療法があります。そこで手術などの治療を決定する前提として、いぼの種類や特徴を御紹介しましょう。そもそも「いぼ」とは皮膚の表面に出来る新生物のことをさしており、医学的には「疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれています。いくつもの種類があることは知られていますが、大別するとウィルス感染を原因とするものと、加齢に伴い発症するものの2種類になるとされています。ウィルス感染を原因とするもので代表的なものに、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)があります。好発部位は顔や首・手足などですが、もちろん身体のどこにでも発生する可能性はあります。放置していると感染範囲が拡大し、数が増えたりすることもあります。ウィルス感染ではなく加齢に伴い発症する傾向が強まるのが脂漏性角化症になります。皮膚の老化現象の一つと見られていますが、紫外線や機械的摩擦などの外部要因も発症に関与しているとみられているのです。特に高齢になってから発症すると皮膚の前がん状態の場合があるので注意が必要です。紫外線にさらされる顔や首周辺などに発症する傾向があります。かゆみを伴い数が急増すると内蔵がンを併発している可能性もあります。いぼの治療は主に手術になります。従来から行われているのは単純切除術がありますが、ウィルス感染性の場合一見除去したように見えても再発する可能性があります。こういった問題点が意識されて主に行われているいぼの手術は液体窒素により患部を凍結させる方法になります。マイナス196度の液体窒素を塗布して、感染した部位に凍結と融解を繰り返して、ウィルスを細胞まるごと破壊するというものです。ただし一回で完結することは稀で、芯がなくなるまで繰り返し施術する必要があります。凍結療法後は人為的なしもやけ状態になるので、数日後には水泡が出来てきますが生理反応なので問題はありません。費用の点ですが保険適用になるので原則として3割の自己負担となり、初診費用で2000円ほど、再診の場合は1000円ほどになるようです。凍結療法を繰り返しても奏功が見られない場合には他の治療の選択肢を検討することになるでしょう。先進的な治療を含めれば色々なメニューがありますが、比較的良く利用されているのが、フラクションレーザーを用いたレーザー照射療法になります。フラクションレーザーを照射すると細胞内部の水分に選択的に反応し、細胞をウィルスごと蒸散させるわけです。電気で焼く場合では周囲の組織へのダメージが懸念されますが、レーザーでは周囲へのダメージが少ないので回復も速やかなのがメリットです。しかし保険適用外の治療になるので全額自己負担になります。自由診療のため具体的費用は施設によって異なるのはいたし方ありません。相場的には、1個除去はする場合に5000円前後、個数が増えるごとに数千円が加算されるスタイル一般的なようです。